転職するまでの期間はどのくらいが目安なの?

転職知識

よし!転職をしよう!
と思い立ってすぐに転職すると思ってたのと違っていて転職に失敗したという話しを耳にすることがあります。

転職をすると決めた時から実際に転職するまでの期間は個人や状況にもよりますが、およそ2ヶ月~半年の期間を作った方がいいとされています。

では、何故2ヶ月~半年の期間が必要なのかと、この期間中に何をすれば良いのか紹介していきましょう。

転職に必要な期間

転職する場合、2ヶ月~半年間の余裕を見てから転職するのを目安にしておきましょう。転職というのは人生において大事な分岐点であり、その後の人生にも大きく影響を与えるはずです。

勢いに任せて転職をしてしまえば、失敗する可能性だって高くなりますし、若いうちならまだしも、年齢を重ねていくと何度も転職するのが難しくなってくるので、慎重になった方がいいでしょう。

なので、2ヶ月~半年の余裕を持ち、この期間中に転職活動を実際にしてみて下さい。

自分が何の仕事をしたいのか、何の仕事なら出来るのかを考え、実際にハローワークなり、転職エージェントに登録をし探してみるのがいいでしょう。

また、自分の希望している職種や企業が決まっているのであれば、情報収集をていき、必要な資格があるのであれば転職活動期間中に資格取得を目指すというのもいいでしょう。

そこで自分に合う企業が見つかった場合に、会社へ退職届を出すのですが、大抵の会社では就業規則があり、そこには「退職する1ヶ月~2ヶ月(会社によっては2~3ヶ月)前に申告する」と記載されており、それに則って退職する方が穏便に退職出来ます。

これらの事から、転職に必要な期間が2ヶ月~半年の間がいいという理由になります。

働きながら転職か、辞めてから転職か

働きながら転職活動をするのもなかなか大変な事もあり、辞めてから転職活動をする人もいますが、どちらにもそれぞれメリットがあります。

働きながら転職活動

まず大事なのがお金の心配がなくなる事です。

仕事を辞めてから転職では、辞めた後はもちろん収入が0になるわけですので、生活をするのに窮屈な思いをする事になるかもしれません。

また、万が一自分が考えている会社が不採用になった場合でも働きながらなので、無職になる事はありませんので、また余裕を持って転職活動をする事が出来ます。

辞めてから転職活動

仕事をしながらの転職では落ち着いて転職活動がしにくいので、辞めてから冷静に転職活動をすれば良い求人にめぐり合うかもしれません。

退職後すぐに転職しないのであれば、各市町村のハローワークにて失業手当を申請すれば、以前の給与の6割受け取る事が出来ます。

ただし、自己都合で退職した場合は3ヵ月後の支給になりますので、前もって貯金もしておき、辞めてからでも数ヶ月生活に困らないようにしておきましょう。

転職期間中に準備しておいた方がいい事

転職活動中や、実際に面接に行く前に必要な物を準備しておく必要があります。

履歴書、職務履歴を作成

面接する際に必要なのが履歴書ですが、これは直前に準備するのではなく、事前に準備しておくようにしましょう。

履歴書には自分の経歴の他に、長所や短所、自己PR、特技等を記入する欄がありますので、自分を分析する為と面接での印象を良くする為にも力を入れてもらいたい所です。

もし可能であれば履歴書を第3者に見てもらいアドバイスを貰えると尚良いでしょう。

また、企業によっては履歴書の他に職務経歴書を持参して欲しい所もあります。
職務経歴書というのは、転職前の企業での役職だったり、実際に何をしていたかを記入していきます。

どんな企業で何をしていたかを一目で分かるようにしておけば、雇用する側からも良い印象を得る事が出来るでしょう。

関連記事

404 NOT FOUND | 英語学習ひろば
海外から毎日発信

退職届け作成

退職届を実際に出す時には勇気が要りますし、書く事すらためらう人もいますが、書いておく事で心のあり方が違います。

いつでも出せる準備をしておけば、転職先が決まった時も慌てず行動が出来ますので、日付だけ書かずに準備だけしておきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました